【ici club吉祥寺Marmot】『Sunscreen® Light Hoody』で今から日焼け&熱中症対策を!

 

image
比較的天候に恵まれた今年のGW、みなさんどのようなアウトドアライフをお過ごしになりましたでしょうか?

ハイキングやキャンプ、BBQなど、きっとさまざまなレジャーを楽しまれたことと思います。そんな中、よく耳にするのが

『今年のGWはとにかく暑かった!!!』

という声。

東京でも真夏並みの晴天日が続き、意図せず日焼けしてしまった、という方も多かったのでは?



image

一見、小麦色に焼けた肌は健康的なイメージを受けがちですが、過度の日焼けは痛みを伴うだけでなく、

シミなどの肌荒れ、発がんリスクの上昇など、身体にとって非常にデメリットが多いのです。

またハイキングにおいては、体力の消耗や集中力の低下などを招き、身の危険につながることも・・・!

image
さらに気象庁によると、今年の夏は猛暑、酷暑になる可能性が高いそうです!ひええっ

日焼けだけでなく、熱中症にも充分気を付けなければなりませんね!

というわけで今回ご紹介するのは、そんな日焼け、熱中症対策におススメのウェアです。


W’s Sunscreen® Light Hoody(ウイメンズサンスクリーンライトフーディー) 

平均重量140g 取り扱いサイズ レディスS~XL ¥11,000+tax

image
通気性に優れた薄手のカットソー素材で作られたフルジップフーディーです。

UVカット加工を施し、非常に薄手でありながら強い紫外線から身体を守ってくれます(UPF30)。

ウィンドシェルなどのナイロンジャケットと違い、吸汗速乾に優れ、ストレッチも効いているので、着心地も抜群。

image
さらさらの裏地は汗ばむ季節においてもべたつきを抑え、快適な状態を保ちます。これがもう本当に心地よい肌触り!

紫外線対策において、意外と見落としがちなのが手の甲の部分。

image
脂肪が少なく、特にダメージを受けやすい甲の部分は、しっかりとサムホールでカバーしましょう。

と、ここまで読んで


「なんだ・・・要するによくある薄手のUVカットパーカーじゃないか・・・」
  

と思ったそこのあなた。ちょっと待った。×(閉じる)をクリックするのはまだ早い。

このSunscreen® Light Hoodyが優れているのは、UVカット機能だけでなく、身体の熱を抑える

クーリング機能
も持ち合わせている点なのです!


■紫外線カット&クーリング効果をもつSunscreen®

image
Sunscreen® という素材は、熱の原因となる太陽光の赤外線を反射する機能を持ち、

ウェア内の温度上昇を抑える効果があるので、身体の火照りを防いでくれます。

一般的なウェアと比較すると、およそ3℃のクーリング機能が見込めます。
(※当社比。実着用では環境によって数値は異なります)

なので熱中症対策としても非常に有効ですね!

image
image
▲モデル身長164cm/Mサイズ着用

image
140gと軽量で、まさにTシャツのような薄さなので、盛夏においても気軽に羽織れます。
メンズはこちら。

image
平均重量152g 取り扱いサイズS~XL

杢調の風合いがおしゃれ!デイリーユースもしやすい落ち着いたデザインです!
(*メンズはサムホール仕様ではないのでご注意ください)

僕は夏山のハイキングの際、雨具以外に、日除けや防風対策として山シャツか軽量なウィンドシェルの

どちらかを必ず持っていくのですが、ボタンがけの着脱が少々面倒な山シャツ、風のない樹林帯では蒸れやすいウィンドシェルに比べ、

着脱が楽で、なおかつ蒸れにくい薄手のジップフーディーはなかなか使い勝手が良いのでは、と感じています。

image
春〜初夏にかけての、丹沢や奥多摩など1000m級のデイハイキングや、真夏のあのジリジリと

焼けるような日差しを浴びながら稜線を歩くアルプス縦走などで重宝しそうです!

またキャンプや釣り、BBQなど、ハイキング以外の幅広いアウトドアシーンにもおススメなのはもちろんですが、

持ち運びにも便利なので、逆にエアコンが効きすぎた屋内や車両での体温調節にも◎。

まさに様々な需要に対応できるウェアだと思いますので、是非店頭にてお試しくださいね!

【ici club吉祥寺Marmot 藤岡】

PAGE TOP